背中ニキビや背中のぶつぶつを治す方法

背中ニキビをケアするためには有効な化粧品を使用するのも良い手段です。
どのような化粧品が良いのか、背中ニキビを中心に選ぶポイントを考えてみましょう。

背中をピーリングして素早くキレイにする

顔を定期的にピーリングするというのは、もうたくさんの人が実行していることですし、家庭用のピーリング剤もいろいろな種類が販売されていますよね。
でも背中のピーリングと聞くと、ちょっと意外に思われるかもしれません。
ピーリングにはいろいろな方法があって、使われる種類にもいくつかあります。
ジェルだけではなく石けんタイプのものもありますので、背中のように自分でなかなかケアしにくい部分はそうしたものを選ぶと良いでしょう。

おすすめなのはフルーツ酸が入っているもの、または酵素が入っているものです。
フルーツ酸はAHAとも言われますね。

背中に良い化粧水

特にピーリングを行った後におすすめなのが、保湿力の高い化粧水です。
手で塗るのがなかなか大変ですし、あまり手指で触らないほうが良いので、ボトルに入ったスプレー式の化粧水などが良いでしょう。
自分でスプレーボトルに入れても構いません。
背中ニキビが頻繁に出来るタイプの人は、背中ニキビ専用化粧水なども販売されています。
皮脂や古い角質を取り除いた後は、しっかりたっぷり吹きかけてあげてくださいね。

徹底保湿にはジェルも

化粧水だけではあまり効果が現れにくいという人は、浸透力やカバー力、殺菌作用の強いジェルタイプの化粧品もおすすめです。
清潔な手指につけて浸透させる必要があるので、塗りにくい場合もありますが、保湿力が高いので特に乾燥肌の人には向いているでしょう。
衣服についてしまいやすいので、塗ってしばらくはなるべく肌にこすれないような服装で、シミなどが出来ても大丈夫なものが無難です。

また、当然ながら選ぶ化粧品類には、合成香料や、着色料、鉱物油、パラベン、アルコールなどが含まれていないものを選ぶ必要があります。
刺激がないものだと効いているのかどうかわかりにくいという人もいますが、メントールなども特に必要はありません。
本来なら赤ちゃんにも安心して使えるものが一番です。

背中ニキビの治療とは

背中ニキビは、気付いた時に悪化しているケースも多く、かゆみや痛みがひどい場合も少なくありません。
あまりにも状態が悪い場合は皮膚科を受診して適切な治療をしないと、痕が残ってしまう場合もあるので注意が必要ですね。
背中ニキビの治療について調べてみましょう。

基本は大人ニキビと同じ

顔に出来る大人ニキビの治療と基本的には同じ対処で良いのですが、刺激を与えないように清潔にしてから背中ニキビ用の化粧水などを塗って保湿し、定期的にピーリングを行って古い角質を剥がすお手入れも必要です。
問題は場所が場所だけに自分ではなかなか普段のケアがしにくいことで、自宅で行うならピーリングジェルやピーリング石けんなどを使うと良いでしょう。
本当ならエステなどでスキンケアをしてもらえれば良いのですが、なかなか予算もありますから、出来る限りは自分で行ってみましょう。

背中の皮膚は厚い

実は背中の皮膚はとても厚みがあるために、毛穴が固く、なかなか開かないために皮脂が詰まってしまう部分でもあるのです。
毎日入浴して身体も洗っているのになぜ?と腹立たしく思う人ばかりだと思いますが、石けんを変えてみたり、しっかり背中ニキビ化粧水で保湿をするだけでも状態は良くなることが多いです。
手が届きにくいからと言って放置せずに、背中も顔と同様に毎日のケアをしてあげてください。
スプレー式の化粧水もありますので、逆さにしてもきちんと出るものを選ぶととても簡単にケア出来ます。

抗菌作用のある薬を塗る

なかなか背中に塗り薬を塗るのも大変ですが、市販のものでも抗菌作用のあるニキビ用の塗り薬を塗ると比較的早く治ります。
ただ、汗をたくさんかく場所ですし、衣類につくのでこまめに塗り直す必要があり、ケアは大変です。

美容皮膚科や皮膚科に相談すると、漢方薬やハーブによる治療をすすめる医師もいるようですね。
基本的には清潔にして保湿して、早く治癒するのを待つ、炎症ひどい時には抗炎症作用や抗菌作用のある塗り薬を塗るといった対処しかありません。
時間はかかりますが、しっかり治しておくことが必要です。

↑ ページの上部へ