1. トップページ
  2. 肩こりは背中ニキビの原因?

肩こりは背中ニキビの原因?

肩こりと背中ニキビという、一見あまり関係のないような話ですが、実は肩こりしやすい人は背中ニキビも出来やすい可能性があるのです。
それは血行の問題。
十分な血液が肩や背中に回らなくなると、肌の細胞に酸素も栄養素も行かなくなり、乾燥しやすくなり、皮脂が分泌されやすくなり、ターンオーバーが崩れてブツブツが出来やすい環境までつながってしまうのです。
まさかと思いますが、肩や背中を露出するファッションをしている人ほど血行が悪くなり、背中が汚くなってしまうという最悪の展開になってしまう場合も。
夏だからと言って、キャミソールやノンスリーブでエアコンの効いた部屋に閉じこもっていると、それだけで背中ニキビ予備軍になってしまう可能性があるのです。

姿勢も関係してくる

また、背中ニキビが出来やすい場所は特に肩甲骨の周りですが、血行が悪くなるとここの筋肉が固くなり、血液が流れにくくなります。
姿勢が悪いと筋肉が変な形で凝り固まるので、特に猫背の人などは背中ニキビにも注意が必要。
肩を回す運動をあまりしていない人や、毎日朝から晩まで同じ姿勢でデスクワークをし続けている人などは、かなり要注意ですね。

背中ニキビは早めにケアを

背中ニキビは出来始めの予兆段階で早めにケアしておくと、食い止められる場合もあります。
予兆というのはなんとなく色が黒ずんできたというような肌の変化。
なかなか自分の背中は見ようと思わないと見られない場所ですが、入浴前にはちゃんと鏡に写して、自分の背中にもチェックを入れましょう。
循環が悪いと思ったら、シャワーだけで済ますのではなく、きちんと湯船に肩までつかって、全身の血行を良くしてください。
どちらかと言うとエアコン頼りの夏のほうが身体の冷えは深刻です。
乾燥もしやすいので、マメなケアが必要ですね。

内蔵の機能低下が背中ニキビにつながる人もいます。
これも血行の問題ですが、冷たいものばかりを食べたり飲んだりしていると背中ニキビが出来やすくなりますので、お腹に入れるものの温度にも気をつけましょう。

↑ ページの上部へ