1. トップページ
  2. 背中ニキビの薬について

背中ニキビの薬について

背中ニキビを治療するのには、皮膚科へ行って医師から処方される塗り薬や内服薬や、自分でドラッグストアなどで変える市販の塗り薬や内服薬があります。
状態がひどい場合や長引いている場合には、必ず皮膚科へ行きましょう。
もしかしたらただの背中ニキビではない場合もありますし、まったく見当違いの薬やケアをしている可能性もあります。

医師の処方の医療薬であれば、皮膚の診断を行った上で処方されているものですから指示通り塗ったり飲んだりすれば良いでしょう。
1点あるとすれば、もしかゆみがひどくて夜も寝られなかったり、日中仕事にならないようであれば、かゆみを止めたいという点をしっかり医師に伝えることです。
おそらく治療薬とは別に痒み止めになる薬も処方してくれると思いますので、その点はちゃんと伝えてくださいね。
かゆみというのは痛みよりも我慢がならないものだと言われていますから、掻き壊してしまう前にしっかり対処しましょう。

市販薬

市販薬は、炎症を抑える薬やかゆみを止める薬、アクネ菌を殺す薬やビタミン薬など、軟膏だったり飲むタイプだったりローションタイプで塗りやすくなっているものなどたくさんあります。
中には出来てしまった背中ニキビに対処するものではなく、予防効果のほうが強いものもありますので、用途や目的を間違わないようにしたいですね。
わからないことは、薬剤師のいる薬局へ行って、きちんと説明を受けてください。

強い薬には副作用も

強い薬には副作用もあります。
主には塗り始めの不快感や肌の乾燥、発疹、赤み、皮の剥け、かゆみなどが出ることが多く、使い続けると身体が慣れて症状が無くなることが多いです。
これらは通常肌に棲んでいる常在菌が、殺菌作用によって一緒に死んでしまうために起こることで、通常の肌の浄化作用が滞ってしまうことが主な原因です。
いずれにしても長く使い続けるものではありませんので、ダラダラといつまでも使うことのないようにしましょう。
出来ることなら薬ではなく、通常の石けんによる浄化と化粧品による保湿ケアで改善させていきたいですね。

↑ ページの上部へ