1. トップページ
  2. 間違いだらけの背中ニキビケア

間違いだらけの背中ニキビケア

背中ニキビが気になって、こまめにスキンケアをしているのに一向に良くならないと悩んでいる人はたくさんいます。
でもそれは、背中ニキビのケアが間違っていることが原因かもしれません。
陥りやすい背中ニキビのケアについて、やってはいけないポイントを押さえておきましょう。

殺菌しすぎていませんか?

背中ニキビは皮脂の詰まりにアクネ菌が繁殖するのが原因ですが、あまり殺菌力の強い石けんや化粧品などを使いすぎると、皮脂や老廃物を分解処理してくれる良い常在菌まで一緒に殺してしまう場合があります。
これは表皮にいるブドウ球菌などで、通常要らなくなった皮脂や角質などを処理してくれています。
こうした常在菌まで死んでしまうと、余計に捨てるべき皮脂や角質が溜まってしまって、悪循環を呼んでしまう場合があります。
炎症の大きなニキビに集中的に使う分には良いかもしれませんが、常用的に細菌力の強い製品を使うのはあまりおすすめ出来ません。

洗いすぎていませんか?

皮脂が原因と聞くと、とにかく根こそぎ脂を取ってスッキリしたいと思う気持ちはわかります。
でも、取り除いた後は肌が必死に皮脂を分泌するだけですから、余計にオイリーになってしまうことも。
あまり躍起になって洗うのではなく、やさしく洗い流した後はしっかり保湿に切り替えましょう。
ナイロン製のボディタオルで力いっぱいゴシゴシ洗うなんて、絶対にやってはいけませんよ。

乾燥を放置していませんか?

暑い時期には特に汗をかく背中に保湿なんて必要ないと思いがちですが、洗った後にはたっぷり保湿が必要です。
表面が汗で塗れていても、肌の内部が潤っているわけではありません。
汗をかいたら濡らしたタオルで拭きとって、その都度化粧水で保湿してあげても良いくらいです。
表面と内部の状態とを混同しないようにしましょう。
化粧水で足りない場合は背中にも乳液を塗るのは良いことですし、専用のジェルもありますので使ってみるのも良い手段です。

↑ ページの上部へ