1. トップページ
  2. 背中ニキビは治しにくい?

背中ニキビは治しにくい?

肌に起きやすい最悪のトラブルと言えばニキビですよね。
皮脂腺が多い部位に出来やすく、顔のニキビはとても大きな悩みになります。
でも、実は顔以外にもニキビが出来やすい部位があり、それが胸と背中、特に肩甲骨のあたりに集中しているのです。
背中は皮脂があまりなさそうに見えて、実はとてもニキビが出来やすい場所。
しかも普段自分の目が届きにくい場所なために、かなり大きくなってから気付くことも多いやっかいなものなのです。

イライラして体調を壊すことも

背中は顔と違って衣類の中に隠れているために、ニキビがこすれて炎症がひどくなってしまう場合も多いのが特徴。
かゆみが強く出るためにどうしても掻き壊してしまって、状態を悪くしてしまうことも多いのです。
肌を露出したいシーズンに、完治していない背中ニキビがたくさんある肌を外に出すと、美容に悪いばかりでなく紫外線やチリ・ホコリと言った外部刺激によって更に悪化することもしばしば。
かゆくて痛くて夜もぐっすり眠れないとなると、イライラして体調を壊してしまいます。

本気で治すのも自分

実は10代の思春期時代にはまったくニキビとは縁がなかった人が、20代30代になってから背中ニキビに悩み出すというケースが非常に多いのです。
このことからもわかるように、背中ニキビの原因は思春期ニキビのようにホルモンの影響を受けているわけではありません。
原因は、自分の生活の中にあり、そのほとんどは自分の悪習慣のせいです。
作ってしまうのも自分なら、本気で治すのも自分だということをきちんと理解しましょう。

背中ニキビはなかなか完治させにくい

そしてこの背中ニキビは、なかなか完治させにくいという嫌な面も持っています。
顔や胸が治っても背中だけはどんどんひどくなっていくという人もいるので不安を感じる場合もあるようですね。
実は気付いた時には慢性化していることが多いのが背中ニキビで、そうなると治療には長い時間がかかります。
あまりにもかゆみが強くて睡眠が妨げられるようであれば、皮膚科に診てもらう必要もあるものです。

↑ ページの上部へ