1. トップページ
  2. 入浴・シャワータイムは重要

入浴・シャワータイムは重要

日常的な作業の中には、背中ニキビを作ってしまう危険なキッカケが潜んでいます。
それらを意識して排除することで、背中ニキビを予防することも可能です。
正しい知識を持って、背中ニキビをまずは作らない習慣を手に入れましょう。

一番のポイントは入浴!

背中ニキビと入浴はとても深い関係があります。
洗いにくい背中を清潔にするという意味もあれば、反対に背中ニキビを作る原因ともなってしまう可能性のある入浴。
どうすれば背中ニキビを作らない入浴が出来るようになるのでしょうか。
毎日の入浴・シャワータイムで背中ニキビが作られるか消えるかが決まります。

シャンプーやリンス、コンディショナー

絶対にやってはいけないのが、シャンプーやリンス、コンディショナーの洗い残しです。
洗っている最中やすすぐときに、どうしても背中についてしまうのは致し方ないことですが、その後にしっかり洗い流さないと背中ニキビを作る大きな原因になります。
また、使っているシャンプーやリンス、コンディショナーの成分にも大きな原因がある場合があり、石油系界面活性剤などが使われていると、てきめんに肌を悪くしてしまいます。
一度自分の使っている製品の成分表を見て、肌に良いものに変えること、そして、例え肌に影響が少ないものであっても、しっかり全部洗い流すことが大事。
そうした意味では、洗い流さないトリートメントは背中ニキビに悩む人にはあまりおすすめ出来ません。

髪の長い人は注意

長い髪の毛をそのまま背中に垂らしておくと、それだけで背中には刺激になります。
洗う時には前かがみになって背中に当たらないようにしてからシャンプーすること、リンスした後には背中に垂れないように、アップにして身体を洗うことが大事です。

上がった後は化粧水で保湿

入浴やシャワーは背中を清潔にする意味ではとても良いのですが、その後で化粧水による保湿を怠ると、今度は過剰な皮脂分泌を呼んで背中ニキビを作ってしまう原因になってしまいます。
入浴で皮脂を洗い流すと、肌は必要だと思って新たに皮脂を分泌します。
この時に、あまりにも水分が足りないと感じると、肌は過剰に皮脂を出してしまいます。
肌があわてて皮脂を出す前に、先回りして保湿してあげましょう。
そうすると肌は安心して適正な状態を保ってくれます。

↑ ページの上部へ